激務ファミレス店長やっているものです!

 

生のアルバイトを雇っていると一番困るのが103万問題です!

秋になるとこの言葉が特に話題になってきます!

恐怖の103万問題、恐怖に怯えなくて良いようにしっかり知識を身に着けて対策を練っていきましょう!

 

103万問題とは何か?

年収を103万円を超えると親の扶養から外れ、税金が自身にかかるのと、

親の扶養控除がなくなり一気に税金が増加する!という恐ろしい問題のことを言います!

私は最近この問題に大大大直面をしました!

それはこういうことです。

金 マネー money 日本 日本円 イメージ 会社 お金 借金 お札 金持ち 貯金 貯蓄 相場 為替 年末調整 投資信託 マネープラン 資産 資産運用 運用 銀行 証券 証券会社 働く 吹き出し マーク 記号 円記号 円 円マーク イラスト ローン 住宅ローン 金利 利子 教育費 生活 生活費 返済 ボーナス へそくり ヘソクリ パート 臨時収入 副業 在宅勤務 節税 労働 生活保護 青空 仕事 ハローワーク フリーター アルバイト バイト 給料 給与 収入 節約 確定申告 ふるさと納税 納税 税金 税 遺産 相続 日銀 日本銀行 年金 扶養控除 社会保険 nisa コツコツ 貯める 蓄え 金融 ファイナンス 闇金 ヤミ金 消費者金融 消費 浪費 消費者 商売 資本 売買 マーケット 市場 手取り オークション せどり 資本主義 奨学金 ネットオークション 小銭 稼ぎ ネットバンキング 内職 買い物 法人税 インターネットバンキング 報酬 住民税 所得税 相続税 成果報酬 営業 送金 入金 預金 預ける 口座 銀行口座 手数料 保険料 保険 財産 家計 家計簿 財布 キャッシング 融資 カードローン リボ払い 現金 出費 費用 ポイント 還元 お得 会計 代金 食費 お小遣い 小遣い おこづかい お買い得 消費税 増税 所得 ビジネス ネットビジネス アフィリエイト 不労所得 稼ぐ インターネットビジネス 投資 株 mokn23

計算間違いから来る103万超え

その子は夏にかなり稼ぎ、秋からは調整をしなければならない状況でした。

しかしながら、その前は抑え気味に働いていましたし、計算上は余裕があると思いこんでいました。実際計算もし、範囲内のはずでした。

 

しかし!!!何を勘違いしたか、一ヶ月分計算に入れていなかったのです!

これに気づいたのが10月途中!!!

一度再計算しようと思ってやってみた所、

おおおおおっつ!!!!

もう、すでに超・え・て・い・る・!!

 

背筋が凍りつきました!!!!

 

初めての経験、、

実際その子は100時間くらいを働いていましたので、いきなり0時間になるのはなかなかに厳しいものがありました。

 

でもそれは仕方ないこと、なんとかすればよかったのですが、、、。

もっと恐ろしいことが起きていたのです!

親の負担が激激増!!!

サラリーマン 男 男性 会社員 社会人 ビジネスマン ビジネス 人物 仕事 悩む 頭を抱える 失敗 ライフスタイル 生活 つらい 困る 悩み 働く 会社 商談 取引 人 ブラック ビジネスイメージ カット 絶望 悲しみ 落ち込む 辛い 白黒 モノクロ シルエット 暗い 金 トラブル 苦悩 競馬 金融 労働 お金 賭け 賭博 舞う ストレス 苦しい 紙幣 お札 マネー 貨幣 経済 困惑 株 ヘルスケア 企業 憂鬱 ギャンブル 札束 財布 残業 消費 ショック 悲しい 負け 労働者 損害 ビジネスパーソン 詐欺 騙される リスク お小遣い 反省 家計簿 家計 赤字 後悔 失望 挫折 マイナス 財産 資産 離婚 就職 過労 給料 ブラック企業 困難 ライフ 景気 増税 貧困 貧乏 どん底 被害者 起業 無駄遣い 浪費 喪失感 舞い 不景気 デフレ メンタルヘルス 絶望感 給与 パチンコ 投資 株価 鬱 税金 落ち込み 経営 確定申告 うつ病 株式投資 倒産 不況 ボーナス FX 損失 舞い散る うつ 憂うつ 苦労 資産運用 失業 FX 暴落 破産 値上げ ファイナンス お財布 負債 鬱病 慰謝料 バブル崩壊 自己破産 失う 賠償 補償 減給 経営不振 大損 損 金融資産 経営難 失望感 ビットコイン bitcoin 一文無し 抑うつ コストカット

恐ろしいこととは、そのアルバイトの子の親の負担が半端なく増加するってことですよ!!!

 

どのくらい増えるのか、いままで超えたことがなかったのであまり調べたこともなかったのですが、どうも、最低で10万ほど超えてしまうようでした、、、。これも親の年収300万位に基づくものなので、それいう以上の所得があれば更に多くなっていくという、、、、。

 

どのように説明をすればよいのか?なにかやり過ごす手立てはないものか?

その中にこれは?と思うものがありました!

勤労学生控除!

これは逆転をできるか?

年収126万円までは非課税になるいうではないですか?

 

やったぜ!!!

126万円までは稼げるってことか?

 

これでイケるか???

 

 

でもでもよくよく見ていくと、ちょっと違う。

 

本人にかかる税金に対して適用されるような書かれ方をしています。

 

あれあれあれーーーー!

確かに本人にかかる税金が控除され、所得税と住民税合わせて3万5千円程度

の節税になるのでこれはこれで良い!

 

しかし、結局親の扶養から外れ、親の負担は増えることを回避することは出来ないというではないですか?

 

だめかあ。

さらに諦めず探す!

交通費は非課税!

保険 保険加入 保険の見直し 生命保険 医療保険 がん保険 ガン保険 将来 お金 FP ファイナンシャルプランナー 暮らし 生活 病気 保障 安心 プラン 金額 積み立て ビジネス 相談 税金 優遇 給料 給与 計算 人生設計 結婚 家族 家庭

これは有益な情報!!!

交通費を引いてみよう!!!

再計算した所、なんと!!!い・け・る!

月5000円近くもらっていたためイケる気がしました!

 

でもちょっとここでもまたまた計算間違いを起こし結果、103万円を切ることはできなかったのです。(ここはあとで逆転劇を産むことになるのですが)

ああ!終わった!もうだめか!

でも最後、税金の専門家に聞いてみよう!

一縷の望みにかけ次の日朝一で税務署に行くことにしました。

税務署との面談

当日、大雨でした。

俺の心の中を空が表していました。

 

とにかく、諦めずに、11月が終わるまでには時間がある!

ってところを拠り所にして臨みました!

資料を読むように言われる

まずは、税務署が出しているガイドブックを渡されます。

紙に穴が開くほど読みまくりました!

該当しそうなところは全て!

 

障害者控除

これはどうだ!

一般障害者で所得税27万、住民税26万円控除だ!

たしか、喘息で薬代がかからない認定を受けていたような気がする?

もしかしたら、、、。

これはイケるかもしれない!

そして、これも?

医療費控除

高額な医療費を控除してくれる制度!!!

たしか、足のケガでかなりの高額な医療費がかかったと言っていたな!

これも計算したら、10万円ほどの控除が得られそうだ!

早速本人に確認をとる!

その連絡待ちの間、税務署の署員の方との面談を設定してもらう

面談へ

率直に言って、103万円を年収で超えた場合、それを回避する方法はあるのか?聴きました!

男 男性 会社員 若者 スーツ ネクタイ 営業 営業マン 社会人 ビジネスマン ビジネス 若い 人物 社員 日本人 新入社員 20代 仕事 真面目 就職活動 紙 案内 指差し 白バック 白背景 資料 書類 女 女性 OL メッセージ 面接 信頼 屋内 テーブル 手 上半身 社会 相談 30代 笑う 会社 打ち合わせ フレッシュマン 就活 オフィス 接客 上司 ファイル ミーティング 会議 説明 白 ペン 信用 上 ポイント カウンセリング 清楚 安心 任せる 注目 事務所 表 スタッフ グラフ 誠実 求職 案内係 窓口 忠告 比較 円グラフ ガイド インフォメーション 打合せ 就職 面接官 安心感 保険 弁護士 アドバイス 就活生 新社会人 アドバイザー MTG カウンセラー 任務 税金 責任 税理士 business Businessman 打ち合せ 頼りになる コンサルタント コンサルティング マーケティング 会計士 相談員 ハローワーク フィナンシャルプランナー プランナー 行政書士 社会福祉士 コンシェルジュ ペン差し うちあわせ counseling ftd0003

答えは?

「無し」でした。。。。

交通費以外は稼いだ年収が全てのベースになるということでした。

うおーーーーーー!

もう駄目か、、、、。

医療費控除も障害者控除も計算上の年収を下げる効果はありませんでした。

(期待したのは、控除をすれば、計算上の年収を押し下げる効果があると思ってのこと。)

最後の望みも打ち砕かれました!

さらにアルバイトの子から連絡あり、障害者も医療費ないとのこと。

まあどっちにしろそれは関係ないことが判明したので、、、。

目の前が真っ暗闇です!

このことを全て親に伝えてもらいました

次の日親からの返答は、まったく納得いってませんでしたあああああ

 

交通費を再計算!

なんとかなんとか方法はないものかと諦めきれなかったので、最後は交通費をもう一度計算してみました!

 

慎重に慎重に心を込めて計算しました!

 

するとすると!!!

 

計算がなんとなんと103万以内に収まるではないですかあああああ!!!!

いやっったーーーー!

 

大逆転ホームラーーーン!!

 

このことをもうアルバイトの子にもう一度伝え、なんとか一件落着と行くことが出来ました。

 

ただ、11月までは一切働くことができませんでしたので、運営はきつくなりましたが、、、。

 

ただ、修羅場を迎えることはありませんでした。

まとめ

103万円を年収で超えた時点で救済方法は無い!ということ!

あるのは交通費のみ!〇〇控除は全く持って関係ないことが教訓です。

とにかく103万円は超えないように、月8万位に押さえなければなりません!

注意点としては、最低時給がどんどん上がっているので、また、来年も上がることが予想されるので、それも頭に入れて運用していく必要があります!

政府よ!時給を1000円目指すならば、103万問題も解決しておくれ!!!