みたまの湯 山梨に行ったら絶対この温泉に寄るべし!

温泉

私は山梨出身なのですが、山梨に旅行に来られたらぜひとも寄っていただきたい温泉があります!

それが、みたまの湯です!

旅行の疲れを心も体も頭も癒やしてくれ、お財布にも優しい最高の温泉としてご紹介したいと思います!

昼も最高ですが、夜に行ってみてることも超おすすめです!

それでは、「みたまの湯」について詳しくご紹介しますね!

 

まずは基本情報から確認しましょーーー!

[ad#co-1]

「みたまの湯」基本情報

住所 〒409-3611山梨県西八代郡市川三郷町大塚2608

 

TEL/FAX 055-272-2641
利用料金 大人:770円

小学生:500円

小学生未満:無料

回数券11枚:7700円

営業時間 10時~23時(入館は22時30分まで)
休館日 年中無休(年5日程点検のため休館あり)
泉質 アルカリ性単純泉
温泉効能 神経痛、疲労回復、冷え性、関節症
交通機関 車:中央高速 甲府南ICより約10分

電車:JR身延線 甲斐上野駅下車(タクシー5分)☆甲斐上野駅より無料バスあり☆土日祝日は運行なし☆甲斐上野駅発9時40分、15時35分

駐車場 145台収容
お風呂 大露天風呂、中高温浴槽、サウナ、水風呂
館内設備 JA西八代農産物直売所、休憩所、特産品コーナー、食事処(みはらし亭)、整体コーナー、印鑑コーナー、日本画家野村清六コーナー、調理実習室
アメニティ ドライヤー、シャンプー、コンディショナー、ヘアウオーター、スキンウオーター、ボディーシャンプー、綿棒、檜石鹸、レンタルタオル(フェイスタオル50円、バスタオル100円)
その他 厚生労働大臣認定、温泉利用プログラム型健康増進施設

1,農業体験日帰り型、収穫体験コース

2,農業体験日帰り型、農業体験コース

3,ハイキング日帰り型、案内人付きコース

4,ハイキング日帰り型、マップ利用コース

地図

みたまの湯最大のオススメポイント!

 

それでは、私がなぜこれほどまでにこの「みたまの湯」をおすすめするか?

それは、それは、それええええは!

 

温泉から見渡せる景色が

最っっっっっっっっっっ高!!!!!

 

だからにほかなりません!

 

本当に素晴らしいのです!

どうですか?気持ちいいでしょう!
甲府盆地の開放感!
八ヶ岳、南アルプスの神々しい山並み、澄んだ空気!本当に素晴らしいのです!
そして、温泉に浸かっている自分!
ワオっつ!!!って叫びたくなっちゃいます!

 

そして、もう一つのオススメポイント!

それは、地元の花火が結構近くに見えちゃう穴場的スポットであること!

約20万人が集まる歴史ある花火大会、神明の花火。

詳しくはこちらの記事をご参照ください!

神明花火大会2018!オススメスポットはココ!

いかがですか?

この景色が、温泉に浸かりながら見れちゃうって?!

最高の人生のご馳走ですよね!!!!

結構離れていますが、迫力はなかなかのものでしょう?

お風呂もかなり身体がポカポカしますよ!

お風呂に行くまでの通路にお風呂の入り方メモがあったのでご紹介しましょう!

お風呂の入り方メモ

正しい入浴

健康づくりの入浴

血圧にやさしい入浴と肩こり・腰痛に効果的な入浴

こんなに親切に説明してくれるって嬉しい!

[ad#co-1]

お食事も地元の食材を使用!

お食事はみはらし亭という所もありますが、休憩所で食べることも出来ます!

私はいつも休憩所で食べていますが、かなり広くてのびのびと食事をすることが出来ます。子供がいても多少はしゃごうがOK!

食事内容も、地元の豚を使用したとんかつや、地元の人参など、地産地消をこだわって作られています!

味も満足満足!

 

その中でもおすすめは、「甲州名物とりもつ丼950円」です!

何と言ってもボリュームが有ります!

丼と言いながらもとりもつは皿に載っており、別にご飯があるのですけどね。

そばもしっかり一人前あり、満足です!

 

迷ったらこれでしょう!

お土産は?

地元の食材を使ったこれがおすすめです。

もともとの食材が美味しいので、アイスにしてもOK!

そして気になったのがこちら⇓

うまい棒ならぬ「ほうとう棒」!

※ほうとうとは?

結構個人的にほうとうはすきなので、かなり気になりました。

30本入っているので買うかどうか悩みましたが悩んだ末

買っちゃいました!864円(税込)ああ。

 

早速食べました。

これは好き嫌いが分かれそうな味。

ごぼう味って紹介しているサイトもありましたが、どうでしょう?

でも山梨のほうとうに欠かせない「かぼちゃ」の味はしませんでした。

クワガタも?

様々なクワガタが売っていました。

でもお高いのは「オオクワガタ」です。6000円以上しましたあ。

(これは季節柄ですね)

でもごくまれに自然のオオクワガタって地元ですと取れたりするんですよ!

地元と言えば和紙

地元の市川で作られる和紙は700年代から続く伝統の和紙で、戦国時代の武田氏や江戸時代の徳川家の「御用紙」として用いられていました。

今も障子の紙の4割はこの市川和紙が使われているようです。

日本を代表する「和紙」の暖簾を見てみてください!

キレイ!

最後に

私の実家は隣の中央市なので、実家に帰った際はこちらの温泉にはよく寄らせてもらっています。

本当に最高で、明日からの英気をこちらで養ってから下界?におりて頑張ろう!ってなっています。

 

是非、山梨方面に旅行の際には、こちらの温泉によってみてくださいね!

駐車場からみた金星です!

関連記事

神明花火大会オススメスポットはココ!

武田信玄公が傷を癒やした温泉、隠し湯は?心身共に癒やされたい企業戦士必見です

ほったらかし温泉で朝活!日の出とTKGのコラボ最強!人生の活力ゲット!

コメント