皆さんの中に、運動した後の仕事が驚くほど効率が上がったという
経験をされた方はいらっしゃいますか?

これは、原始時代の人々の狩猟を行っていたときからの
名残と言われています。

狩りをしているときは動きながらいろんなことを考えて
獲物を仕留めますよね。

それが運動することによる脳の活性化が連動するようになったようです。

また、逆に運動不足により、脳が縮んでいくと言われています。
別の言い方で、運動不足は緩やかな自殺、とまで言われています。

どれだけリスクが高まるといえば、運動不足の人はそうでない人の
アルツハイマー病が280%だそうです。

どんなメカニズムかといいますと、運動すると、脳に血液が回り、
BDNFという脳細胞が分泌されますが、
それにより脳の成長を促してくれるようなのです。

この成長剤が分泌されないと脳が成長せずに
結果的に縮んでしまうというわけです。

これは、高年齢でも効果があるようですので、
皆様、是非、筋トレや運動を生活の中に取り入れて行きましょう!